健幸とは、身体を「表面的なカラダと内面的なココロ」で捉える「Health:健」と、人生を豊かに幸せであり続けたいと追求していく「Happiness:幸」を融合させた考えです。健幸コラムでは、健幸エンターテイメント株式会社の代表である守屋俊甫によって「健幸になるため考え方」「簡易的なエクササイズ方法」「健幸社会実現に向けた未来構想」などを記載いたします。月1回の定期配信を是非ともお楽しみください。

健幸コラム 第二話 【健幸を目指す生き方へ】

相手の声に耳を傾ける健康支援者であれ

このコラムでは、健康を健幸と表記していますが、私が初めてこの言葉を聞いたのは、筑波大学での授業でした。大学時代に所属していた田中喜代次先生(元筑波大学体育系教授)の測定評価学研究室では、高齢者の転倒予防や、肥満者の減量をメインに研究していました。

田中先生から私が学んだ最も印象的だったことは、国民にとって本質的な健康増進とは何か?を常日頃から考え、研究に向き合うべきという姿勢でした。 「運動していけば健康になる」わけではなく、その人のトータルの人生を鑑みた上で、どのようなことを相手は欲しており、必要としているのかを追求しなければならないのです。相手の声に耳を傾けて、相手の声に応えていく処方ができなければ、本質とはかけ離れた提案をしてしまうわけです。

正直に言いますが、当時(二十歳頃)の私は、田中先生のメッセージを理解ができていなかったし、しっかりと受け止めることすらできていなかったです。現在、私は32歳となり、社会人を経たからか、やっとその田中先生のメッセージがズシッと重く私の胸に刻まれ始めてきました。

v002のサムネイル画像.jpg

バランスのとれた生き方

健康を、健幸とすることを私は次のように解釈しています。
人は、ココロとカラダの両面が健康であることが不可欠であり、さらに人は生きていく限り幸福を追求している動物なのです。かの有名なアリストテレスは幸福な状態を「中庸」と言っています。 ここでは倫理的な議論をするわけではないので、深堀はしませんが、健康な状態で生きていくためには、この「中庸」という考え方は私自身も非常に重要であると思っています。

すなわち、人にとって大切にすべきは、「バランス」です。バランスがとれている状態になるためには、何事も行きすぎてしまってはいけないし、また不足な状態であってもならないわけです。人にとって「バランス」のとれた状態こそが、幸福である状態です。でも、一人ひとりにその「バランス」の比率は異なるため、すべての人類がみな同一のバランスでなければならないという限定的なものでもないわけです。

HealthとHappinessの融合

例えば、趣味をとことん楽しむ人がいた場合、趣味をおこなう生活が幸福であり、仕事と私生活とのバランスが仕事:私生活=5:5になることが最も安定しているかもしれません。しかし、仕事が大好きな人にとってみれば、仕事での成果を出し続けることに幸福を感じるとすると、仕事:私生活=9:1でも幸せかもしれない。 極端な例えではありますが、立場や趣味嗜好、生まれてきた環境、育ってきた環境、人間関係など、多くの要因が絡み合いながらバランスは決まるはずです。

そして、そもそも、仕事と私生活だけに限らず、あらゆる事柄や条件が複合されることが人生であるため、一人ひとりにとっての理想なバランスは異なるはずです。だからこそ、仕事も私生活も両者に充実感が生まれていくハーモニックな生き方が理想的ではないでしょうか。

健幸とは、身体を「表面的なカラダと内面的なココロ」で捉える「Health:健」と、人生を豊かに幸せであり続けたいと追求していく「Happiness:幸」を融合させた考えであると、私は解釈しています。大学時代に田中先生に教えてもらってから、10年以上が経過し、やっと私もこの「健幸」に辿り着きました。

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫

健幸コラム 第一話 【カラダとココロを元氣に、健幸に!】

今、世界で日本の和食が注目されています。なぜ、和食が人気となり、注目されているのか。それは「バランス」の取れた食事であるからというのも、大きな理由の1つです。日本人は、お米を食べて、大地に根を張って育った野菜を食べて、ゆっくりと育って成長した魚や動物を食べて、美しい自然から生まれた綺麗な水を飲んできたのです。(だから、私は「気」という漢字を、『米』が入った旧字体の「氣」を使います。本コラムでは、「気」は「氣」という旧字体で表現していきます。)しかし、現代社会は高度経済成長を遂げ、急速に人々の生活様式が変化してきています。大きなうねりとなったのは、ファストフードの登場などの食の欧米化や、コンビニエンスストアが増加してきたこと。日本は、24時間いつでも簡単に食べ物が手に入る社会へと変化してきました。和食が中心となっていた戦前の一般市民の食事が、戦後のわずか70年で劇的に変化してきているのです。

v001_1.jpgのサムネイル画像

私が初めに警鐘を鳴らしたいことは、社会の変化と同スピードで、体は急速に進化することができないということです。実は、約100年前の平均寿命は49歳ということをご存知でしたか?当時は、感染症での死亡率が高くて、現代の慢性疾患で死亡した方は少なかったのです。平成28年度時点での平均寿命は、男性で80.98歳、女性で87.14歳(厚生労働省発表「平成28年簡易生命表の概況より」)となり、香港に次ぐ世界2位の長寿国なのです。しかし、たった100年で平均寿命が2倍近くなっても、体が急速に進化した訳ではないのです。昔の人も、今の人も二足歩行ですし、背骨の数も同じですよね。医療技術の進化や、生活インフラの整備など、社会の変化によって、長く生きられる時代なのです。

生活スタイル(衣食住・仕事など)が変化し、食が劇的に変化してしまい、さらに身体不活動の状態が増えて、慢性的な疲労感を持っている人が多くなっているのが日本社会の課題だと私は考えています。だからこそ、今一度、何を食べ、どのような身体活動をおこない、日々の中で心身両面に向き合うべきかを考えてみてはいかがでしょうか?

さて、本コラムが読者に伝えたいことは1つです。それは、「身体の学びは生きている限りずっと続けてほしい」ということです。ズバリ、あなたの住んでいる地域で、あなたの仕事やプライベートも含めた生活時間の中で、氣軽に・簡単に・素早くできるカラダ&ココロ作りをしていく【一歩を踏み出すきっかけ】のコラムであって欲しいと願っています!

v001_2.jpgのサムネイル画像

体づくりは一生涯、心づくりも一生涯です。現代社会では教えてもらうチャンスがほとんどなくなった身体の基本的な使い方を知ることで、自分の脚で歩き続け、自分の頭で判断し、ピンピンコロリからピンピンキラリと最後まで輝く人生を送って欲しいという想いを持って、本コラムを書き始めます。トレーニングの専門家からしてみたら、当たり前だろということが多いですが、健康なカラダづくりをしたい人への導入のためのものとして読んでもらいたいです。

ヒトは、母親から生まれて、このカラダで最期を迎えるその日まで生きています。あなたの代わりとなるカラダは無いのです。だからこそ、このカラダを大切に、ココロを育みながら、死ぬまで元氣に生きていきましょう。

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫

kenko_001.pdf